スリランカの仏像。お寺を幾つか廻ったが、大体の仏像は結跏趺坐で手はこの印を結んでいる。

両掌を上にして重ねる。両方の親指を少しだけ離す。そうすると不思議なもので息がしやすくなる。試しに、両親指を接触させると、今度は息がしにくくなる。

経絡的にも親指は肺だ。親指から肩にかけてのラインの緊張を取ると、肺の機能は高まる。経験からこの様な工夫をする様になったのだろう。

呼吸器を強くしておくと感染症への抵抗力が増す。近頃、来る人の肺の動きを見て、呼吸器が弱そうだったら、もう勝手に調整している。

調整法はまず肺の動きを確認する。両腋下に掌を入れて息を吸ってみる。肋骨越しに肺の膨らみ具合を見るのだ。呼吸器が強いと大きく膨らむし、弱いと小さい。

肺は2つあるので、左右差を比較する。人によっては膨らみ具合の左右差が大きいはずだ。膨らまない方の肺は機能が低い。

その場合、この印を結んで深呼吸を数回繰り返してみると良い。もう一度、腋下に掌を入れて調べると、呼吸に伴う肋骨の振幅が大きくなっているはずだ。また、それが上手く行くと、胸郭が拡がるので体感的に体型が逆三角形になって感じられるはずだ。

過敏性大腸炎

たまにあるのが過敏性大腸炎のご相談。通常、下痢にはデトックスの意味があり、便秘をするよりは良いくらいだが、ストレス性の下痢は止めた方が良い。

神経性の下痢の場合、腰椎4番の右側に弛緩があるので、それを処理する。或いは脛の内側の三陰交付近を強圧すると下痢は止まる。ただし、ストレスの原因を解決しないと、繰り返す。

原因は人それぞれ。恋愛、家族関係、仕事と複雑怪奇。よく知ってよく会う相手であれば、話を聞く事くらいは出来るけれど、当方、カウンセリングの芸はなし。また、お世辞にも聞き上手とは言い難い。

最近、過敏性大腸炎に関連して興味深かったのは、頸椎4番だ。強いストレス下にあると頸椎4番3側に硬結が出来る。硬く結ばれた凝りを指す専門用語だ。首でストレスに堪える訳だ。

しばしば処理に難儀をするタイプの硬結なのだが、腰椎4番を調整したらその頸椎4番の硬結があっさり消えた。今までにない経験なので、興味深かった。従来、腰椎4番は頸椎6番と対応するという認識だったのだが、施術上のノウハウとして検証したい。

理論と実践、需要と供給

寝起きに腕が痺れるという方を見たら、明らかに首がおかしい。横に倒してくださいと指示をしても、ちっとも動かない。

それで首を調整したのだが、ご自分では首が動くと思っていたとのご感想だった。簡単なストレッチを教えて続ける様にご案内したのだが、その前にまず鏡を見て首の状態を把握してくださいとお伝えした。

体にトラブルがある場合、本人が状態を理解していない場合が多い。そんなに難しい話ではない。姿見の前で体を軽く動かしてみたら良い。例えば、慢性の肩凝りの人が、背中が反らない。じゃあ、何らかの因果関係を連想してみても良さそうなものではないか。

兎にも角にも、体を良くしたい意志があるのであれば、まずは自分の状態を把握する事、そして、それをコンロールする事を学習するのである。

という話をドヤって人にしていたら、ワタシャ、そんな難しい事は分からんのですとのお返事があって、まったく格好がつかないのであった。じゃあ、毎週来てくださいで話は終わってしまったのだが、あれは自分の話運びが下手くそだった。

それでも、症状よりも体への興味を持つ方が、かえって症状が改善しやすいのは本当の事だ。少なくともこちらはそうだし、相手もそれに付き合ってくれたら、体はより早く良くなりやすい。

人は顔を見れば99%わかる: フランス発・相貌心理学入門

鏡を見たら、鼻が太くて締まりのないのが気になった。

体のどこを調整したら鼻の形が変わるのかを調べたら、後頭部を締めると効果的な事が分かった。特に頭蓋の横幅が重要で、ここを調整すると鼻筋が通る。顔の他のパーツも中央に寄った。後頭部が弛んでいると、顔の締まりがなくなる。

しげしげと鏡を眺めていたのは、人は顔を見れば99%わかる: フランス発・相貌心理学入門を読んだからだ。鼻の傾斜には伝達力が現れるそうな。

本の内容は覚えてしまったので、来る人の顔をついつい観察してしまう。顔の正面から耳が目立つと独立心が強いとか、鼻の穴が見えない人は秘密主義などと紋切型の物言いは気になるのだが、類型論はというか、新書なのでそんなものだろう。

内容の真偽には、まだ実感がない。まずは性格をよく知っている相手の顔で検証するべきだろう。

相貌心理学は1937年にフランスの精神科医によって、パーソナリティを分析する心理学の一分野として創設されたそうだ。現地での受容はどうなのだろうか。マイナーなのかメジャーなのか。ナチスドイツのせいで、ヨーロッパでの骨相学の評判は宜しくないという話を聞いた事がある。

内臓の位置調整

相も変わらず、胃腸の固い人ばかり。風邪も流行っている。寒暖の差激しい天候なので無理もない。

普段は自分も風邪くらい引くのだが、今年は引いていない。例年だと、決まって定休日の火曜日に風邪を引くのだが、知らず緊張感で保たせているのだろう。

さて、胃腸とも関連して、内臓の位置の調整法を工夫していた。内臓の位置がどう重要なのかというと、基本的に機能が亢進すると内臓の位置は上がるし、低下すると位置は下がる。例えば、胃下垂になると食欲はなくなる。だから、胃の位置を上げると食欲が出るし、下げると食欲がなくなる。これは人間機械論の部分。

逆に、ストレスで胃の機能が低下するなんて事もある。失恋すると胃と繋がる胸椎6番が下がるというので、そういう人がいる度に調べていたのだが、長い間、そんな人を見た事がなかった。パートナーと死別した方にそれを初めて見つけてしんみりした。

内臓の位置が重要になりやすいのはまず胃で、次は子宮だ。これも左右、前後、上下と意外と動く。ちなみに前後屈があると、性交痛の原因になりやすい。更年期に多いのは、子宮の位置が下がって出る膝の痛みだ。最近、このタイプの膝痛の相談が続いたのだが、子宮の上下の位置調整が苦手だったので研究していた。昨夜、技術的な問題は解決したので、次からはあっさり良くなるはずだ。矯体操法でスパっと変わる。

ふと思い出したのだが、昔、切迫早産の相談を受けた。入院を迫られているが、実家に帰省しての出産を予定しているので、それは避けたいという趣旨であった。検査では、産道の胎児の頭までの長さが問題にされるそうで、それを伸ばしてくれというシビアな依頼だった。それは捻れ橋体の後に、ひたすらに腎を調整した事を覚えている。それで検査はクリアしたのだが、流石に脂汗をかいた。

フロイト

最近、ホテルで寝ると翌朝の寝覚めが妙に良いという事に気がついた。

どうやら普段使っている寝具が貧相だったらしい。それで、ホテル風の枕とシーツを買い揃えたら、家でも寝覚めが良い。

そういえば、しばしば寝る時の姿勢について尋ねられる。寝相があるのでジッとはしていない。だから、好きにしてくださいとお答えして来たのだが、それよりは寝具について検討するべきなのかもしれない。

ただ、方針として、曖昧なアドバイスはしない。かえって混乱するからだ。例えば、水を飲んでくださいなら、何リットルと人を見て必要量を指示する。だから、寝具については具体的な商品名まで言えないので、判断は保留か。

身体的には睡眠が浅いと、足りないと、胸郭が固くなる。なぜか胸郭は睡眠と関係の深い部位だ。証券会社にお勤めの方などは、特に胸郭が固い。

不眠については体への現れ方がまた違って、後頭部の皮膚が固くなる。睡眠薬を飲んでいると、更に固い。だから、睡眠薬は痛み止めに近いものだという認識だ。麻痺させるだけで、体が良くなる訳ではないからだ。必要な時にしょうがなく使う物であって、常習するものではない。前提として、極度のストレスや運動不足が不眠の要因になりやすいので、そちらへの対処が必要かもしれない。

また、これは頻尿もそうだが、恋人が出来ると自然と改善するケースもある。フロイト的なセンスの話だ。

自然治癒力

先日、骨折した方がいらしていたので、思い出した。2年ほど前に自分も左肋骨を折っている。その後のケアがいい加減だったので、急に気になりだした。

肋骨を確認したら、骨が一本だけ浮いて触りやすくなっている。曲がっている為だ。こうした肋骨の状態は、フルコンの空手をやっていた人によく見掛ける。肋骨に触るとデコボコしているので、すぐに分かる。肋骨は柔らかいので、折れやすいのだ。

どこの骨折でも一緒だが、周辺の筋肉を調べると、固く緊張していたり、逆に力なく弛緩している部位が見つかる。筋肉のアンバランスに引っ張られて骨も動く。肋骨周辺を調べると、腋の下に押さえると痛い部位を見つけた。その辺りをチョイチョイと調整したら、肋骨のカーブは正常に近くなった。まだ触ると分かるけれど、何回か繰り返せばそれも良くなるだろう。

自然治癒力に対して、真面目に仕事をしろよと思わないでもない。ちょっと調整すればすぐに良くなるのであれば、ほっといても良くなりそうなものではないか。ただ、曲がっているのを気にするのは美観の問題なので、それは体の持ち主の都合であって、体の方では繋がっていれば良いでしょというか、知った事ではないのかもしれない。

胃腸の疲れ

とにかく胃腸の固い人が多い。胃酸過多気味なのだ。食欲の秋と言うけれど、汗をかかなくなる頃に胃酸が増える。

食欲はないのだがそのまま食べないでいると、胸焼け気味になるという体調でもある。胃酸を薄めるつもりで、少し食べるとそれは落ち着く。

例年のこの時期の傾向ではあるのだが、今年はそれが顕著だ。もう一か月以上、そんな体調の人をよく見掛ける。

胃腸の疲れから、咳になる場合もある。咳は気管支のイメージが強いが、意外と胃腸から出るものも多い。疲れの度合が強い場合、風邪になる。これは先々週くらいに多かったが、寒暖の差が激しいので、もう一度くらい波が来そうだ。

健康法というかこの季節のやり過ごし方としては、空腹のまま長時間過ごさない。同時に、お腹が疲れやすいので食べ過ぎないという工夫がある。胃が納得する程度に食べたり、飲んだりしておけば、少なくとも胸焼けはしにくい。

また、脛の部分に胃腸のツボが集中してあるので、足湯をすると胃腸の疲れは抜けやすい。足湯には全身浸かるのとはまた違った効果がある。

goto

水曜日、栃木の田んぼのど真ん中にて、自転車でバックフリップを極めてしまった。

駅へと向かう夜道の先が切れているとは気がつかなかった。猛スピードのまま田んぼへダイブした。360度以上綺麗に廻った。廻って、落ちた。

幸いにして受け身は取れた。屋外での受け身は手を使うよりも、足で地面を叩いた方が良い。骨折がないのを確認して、ホッと一息。電動自転車の安否を確認したら、カゴは曲がり、後輪は動かない。

右膝は打撲、左股関節と腰は痛いが、それでも運が良かった。これが田んぼではなくて、コンクリートだったら大怪我をしていたところだ。 goto でどこへ逝くんだという。

今回の敗因は、夜間、知らない土地を自転車で移動した事だ。日が落ちる前に移動を済ませるべきだった.

さて、怪我はその日のうちに処理を済ませた方が良い。そのまま寝ると残りやすいからだ。帰りの電車でせこせこと手当を済ませた。そういえば、数日前に鎌倉の山中で足を折ったとSOSの電話が現地からあった。続報はないのだが、どうなったのだろうか。

薄毛

美容の施術で週に2、3回も来てくださる方から、ダイエットサプリを飲み過ぎて入院した事があるいう話を伺ったので、今と変わらないですねとコメントしたら、いえ、今はサプリは飲んでいませんとのお返事があった。

いやまあ、自分も似た様な人生ではある。人生の複雑さと向き合ったら、かえってシンプルになり過ぎてしまったというか。

さて、美容といえば、最近、自分の側頭部の皮膚がタルんで地肌が見えていたので、なんとも嫌な感じだった。禿るのが嫌なのだ。

側頭部の皮膚がタルむ原因を検討すると、なんと耳掃除のし過ぎが原因である。耳の内側を綿棒でしつこく刺激すると、側頭部の皮膚が弛緩する事が確認出来る。耳に緊張刺激を与えると、逆に側頭部の皮膚が締まる事も確認出来た。メカニズムが分かれば簡単なので、毛並みの問題は解決した。

連想して、前頭部の皮膚がタルむ原因は何だろうかと検討したら、これはすぐに分かった。目が疲れると、初期には前頭部の皮膚は張るが、疲労の度合が強くなると、今度は前頭部の皮膚がタルむ事が確認出来た。

つまり、珍説だが、耳かきをし過ぎると側頭部が薄毛になる危険があるし、目の疲れは前頭部の薄毛をまねきやすい。