花粉症

今年は情けない事に花粉症を発症している。

整体を始める前は慢性鼻炎で、当然、花粉症もあった。だから、鼻炎が良くなって、整体スゲーというのが当時の実感である。

今回、20年以上ぶりに花粉症になった訳だが、こんなに辛かったっけという感じ。鼻水で溺れそうになった。

しかし、タダでは花粉症になるまい。改善方法を研究している。とりあえず、鼻は通した。やり方は簡単なので、ある程度の普遍性が期待出来るはずだ。

端的に、脇腹の皮膚を引っ張ると鼻が通る。腋下から骨盤の上までの広い範囲を行う。コツは二つあって、一つは肉ではなくて皮を摘む。もう一つのコツは、皮を摘んだまま体を左右に倒すのだが、この時に指が弛まないのが重要。強めに引っ張る。

鼻の詰まりの強い側と同側の脇腹の皮膚が分厚くなっているはずだ。薄くなるまで引っ張ると、翌日くらいから鼻詰まりが抜けて水っ鼻になる。出し切れば終了。

ついで、後頭骨を独特のやり方で締めると鼻はもっと通るのだが、これはちょっと難しい。

投稿者: hamadakantaro

浜田貫太郎。浜田整体院長。著書に『臨床家のための整体操法入門』たにぐち書店。共著に『息覚』幻冬舎ルネッサンス。寄稿に『安心』マキノ出版。『手技療法』たにぐち書店。