歩幅

結局、体術は歩幅だという気がする。スタンスが広いと重心が安定してパワーが出るし、狭いとスピードを出しやすい。

2つはトレードの関係なので、体格、スタイルに応じて、適当なところでバランスを取る事になる。

最近、スタンスを狭くしたままでパワーを出す為の工夫をしているのだが、なかなか難しい。体を大きく使う練習はもうしたので、コンパクトにまとめる練習をしている。

しかし、そうしていると、筋肉のつき方が少し違って来るので不思議なものだ。やはり引き締まって来る。サンチンとナイファンチの違いだろうか。太くしたものを束ねて細くしていく様な作業として感じる。

投稿者: hamadakantaro

浜田貫太郎。浜田整体院長。著書に『臨床家のための整体操法入門』たにぐち書店。共著に『息覚』幻冬舎ルネッサンス。寄稿に『安心』マキノ出版。『手技療法』たにぐち書店。