ZoffMART

ZoffMARTでブルーライトカットのメガネを買った。伊達メガネだ。

一週間ほど使ってみたのだが、やはり眼の疲労が少ない。パソコン、スマホを使う際には必須だ。

けったいな話だが、眼精疲労が原因の腰痛があって、たまにそれが出るものだから買う事にしたのだ。

自分の目の疲れ具合を見ていると、ちょっと調整するくらいでは追いつかない。疲労自体を軽減する必要を感じた。

目の疲れと言うと甘く見る人も多いのだが、その影響は大きい。腰痛、坐骨神経痛、手指の痺れ、手先の荒れ、偏頭痛に胃痛とバラエティーに富んでいる。

在宅勤務が流行り出してからは、眼精疲労が原因の歯痛が増えた。在宅だと仕事に集中し過ぎる為だろうか。 目が原因だというのも結果論として言える事で、体を十分に調べて原因を検討して、目を調整したら歯痛が良くなるので不思議というが一件目の臨床例。その後はそれが続いた。唇の斜め下、歯茎と顎の中間に痛みが出る事が多いのだが、結構な激痛らしい。

歯科で見せても虫歯ではないと言われるのが典型なのだが、神経痛の一種だ。ただ、これで歯の神経を抜くのは抜き損だ。視神経を問題にした方が良い。なんというか、解剖学的な検証ではなくて、ある種のレトリックとして、視神経と歯の神経は混線しやすいと言っておこう。

ただ、全てがそうだという乱暴な話ではない。当然、普通に虫歯で痛む事も多いだろう。

投稿者: hamadakantaro

浜田貫太郎。浜田整体院長。著書に『臨床家のための整体操法入門』たにぐち書店。共著に『息覚』幻冬舎ルネッサンス。寄稿に『安心』マキノ出版。『手技療法』たにぐち書店。