テレフォンパンチ

突きの練習をしていたのだが、体重移動してから手を動かす癖が抜けない。威力を出す事にこだわり過ぎているからなのだが、テレフォンパンチになるので、直したい。

拳を放り投げて、体がそれに付いていく様なイメージで修正を掛けているのだが、ちょっとはマシになっただろうか。多少、突きは早くなったが、今度は威力が心配だ。人を相手に試したい。

稽古仲間を見ていても、空手歴の長い人ほど、体重移動してから手を動かす癖が強いかもしれない。剣術をやると、後輩の動きの方がかえって速かったりするのだが、それが理由かもしれない。

腰を落としていかにもな姿勢に構えるのも良くないのかもしれない。フットワークに悪影響が出ていそうだ。重心は落として、姿勢は自然体にしたいのだが、自然体のままで重心を落とすのが難しい。木刀の素振りからやり直したい。

投稿者: hamadakantaro

浜田貫太郎。浜田整体院長。著書に『臨床家のための整体操法入門』たにぐち書店。共著に『息覚』幻冬舎ルネッサンス。寄稿に『安心』マキノ出版。『手技療法』たにぐち書店。