アルジャーノンに花束を

今年は20年ぶりくらいに花粉症をやった。今は鼻が通って頭が働く様になったので、沢山文章を書いている。『アルジャーノンに花束を』状態。

抜けるのに10日ほど掛かったのだが、 期間中に一番症状を悪化させたのは飲酒だった。二番目は大食。

花粉症への対応として断食を2日ほど行ったら、やはり調子が良かった。鼻が通って調子に乗って、酒を飲んだらまたダメで懲りた。後は、とにかく体が渇いていたので水を沢山飲んだ。飲んだら鼻が通る。

今年は花粉症は良くなる症状ですと言ったところで、説得力はゼロですね。

しかし、自分の事を棚に上げなければ物など言えない。花粉症が強い方の体を見ると、お腹の強張りが顕著だと繰り返しておこう。

春はデトックスの季節だ。春の下痢といって、冬の間に溜め込んだ脂を排泄する。それがスムーズであれば、花粉症は軽症化する。

本当は苦手な季節がある場合、一つ前の季節に遡って準備をしないと間に合わない。毎年、花粉症や春先に悪化しやすいアトピー症状をお持ちの方には、1月末からの断食をお薦めする。断食をして消化器を休ませると、デトックスが起こりやすいのだ。来年からは僕も仲間入りだ。

投稿者: hamadakantaro

浜田貫太郎。浜田整体院長。著書に『臨床家のための整体操法入門』たにぐち書店。共著に『息覚』幻冬舎ルネッサンス。寄稿に『安心』マキノ出版。『手技療法』たにぐち書店。