春節

中国の方がいらしていたのだが、明日は春節。今日が大晦日だそうである。

お国のおせちでは何を食べますかと尋ねたら、水餃子との事。しばらく食べていないが、豫園の水餃子を思い出した。水餃子を頼んで汾酒を飲むのがオツなのだ。

自分はおせち料理が苦手で、黒豆とレンコンくらいしか食べられるものがない。昔の保存食なのでやたらに酸っぱくて、そんなに旨いものではないという偏見がある。雑煮があれば、それで十分。

ところで、今年も餅を喉に詰まらせたというニュースを耳にしたのだが、喉を詰まらせた際に整体のやり方では、頸椎六番を手刀で叩く。一方、医療の救急法では、肩甲骨の間を叩くそうである。

しかし、どちらの方法にも、一人でいる時に詰まらせたらどうするのか?という問題がある。手が届かない。

10年ほど前に何かを食べて喉を詰まらせた事があるのだが、その時には慌てて壁に背中から体当たりをした。ホラーな光景なのだが、確かに詰まりが取れた。

そういえば、どうでも良い話だが、腹に良い突きを貰った際には、やはり壁に背中を打ち付けると楽になる。背中からの衝撃で威力を相殺する効果がある。ほとんどの人には、一生役に立たない知識だろうが。

投稿者: hamadakantaro

浜田貫太郎。浜田整体院長。著書に『臨床家のための整体操法入門』たにぐち書店。共著に『息覚』幻冬舎ルネッサンス。寄稿に『安心』マキノ出版。『手技療法』たにぐち書店。