積立NISA

昨年は時計という金の掛かる趣味を持ってしまったので、重い腰を上げて、資産防衛を図る事にした。世界的にはインフレ誘導なので、貯金しておくだけだと資産は減ってしまう。そして、時計は高騰しているのだ。

具体的には、積立NISAに限度額入れて、バンガードを買うという固めの布陣である。これでインフレ分を相殺して欲しい。限度額を越える分は、”上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本”を買っておけば良いだろう。これは橘玲氏の受け売りである。個別銘柄はリスキー過ぎるし、無駄な事を考えたくはない。後は、塩漬けだ。

そんな訳で、資金的にも体力的にも、長期間、戦える様に急ピッチで体制を整えている。その一環として、今年から、祝日を休みにした。10年以上、週一休みでやって来たのだが、流石に過労だ。

一昨年くらいに体にガタが来た。今はもう回復しているのだが、このままだとこの仕事にありがちな早死にコース入りだと判断した。別に長生きする気もないのだが、体が利かないと施術にならない。

休みは調整の為に、柔軟体操をしている。久しぶりにやると、固くなりやすい場所がよく分かる。体型にもよるのだろうが、自分の場合、体操としては、開脚、掌を後ろで組んで上げる、猫のポーズとその変化、それらの3つの動きを重視している。

投稿者: hamadakantaro

浜田貫太郎。浜田整体院長。著書に『臨床家のための整体操法入門』たにぐち書店。共著に『息覚』幻冬舎ルネッサンス。寄稿に『安心』マキノ出版。『手技療法』たにぐち書店。