梅雨の湿疹

梅雨入りしてから、湿疹の出る方が多い。食後に痒くなるとのご報告も受けるのだが、この時期の湿疹の原因は胃腸の疲れなのだ。

梅雨には胃腸炎も増えるけれど、あまり食べない方が良いくらいだ。食中毒も注意喚起される時期だ。食べ物も確かに傷みやすいだろうが、胃腸が弱っていると余計にそうなりやすい。

自覚症状のないケースも多い。胃下垂でもなければ、鳩尾の下辺りに胃があるので、仰向けになって押さえてみたら自分の状態が分かるかもしれない。胃が疲れていると、痛みがある。胃は若干斜めになっているで、それに注意しつつ、胸焼けする人は胃の上部、胃痛のする人は下部を押さえると痛む。

大腿部前面に、胃が悪いとこれまた痛むところがあるので、そこを空手チョップでトントン叩くと、不思議と胃の痛みは消える事でしょう。上手く出来たら、湿疹もマシになるかもしれない。

投稿者: hamadakantaro

浜田貫太郎。浜田整体院長。著書に『臨床家のための整体操法入門』たにぐち書店。共著に『息覚』幻冬舎ルネッサンス。寄稿に『安心』マキノ出版。『手技療法』たにぐち書店。