脳力開発

仁松庵へお昼ご飯を食べに出掛けた。マグロのカマの塩焼き定食が目当てだったのだが、1800円から2000円に値上げされていた。確か、メニューに載った当初は1500円であった。品質からは決して高額ではない。しかし、日和って天ぷら定食を頼んだのであった。

ところで、カマといえば、魚の頭部に含有されるドコサヘキサエン酸(DHA)を摂取すると頭が良くなるという触れ込みで、 90年代前半にそのサプリが流行った。自分も祖母に飲まされた。効果?ある訳がない。

さて、現代でも、脳力開発の為の様々な商品が売られているが、まあ、頭の良さの定義にもよるのだろうが、とりあえず眉に唾をつけた方が良い。成長期が過ぎてから身長を伸ばそうとする様なものではないのか。骨延長手術などもあるので、案外にテクノロジーを馬鹿にも出来ないのだが。

それはさておいて、脳力開発の効果という観点からすると、一つ思いつくのは鼻の通りを改善する事だ。鼻詰まりだと頭がボウッとして働かない。改善するのは意外と簡単だ。お腹の張りを取り除くと良い。鼻詰まりだけど、調整するのはお腹だ。

これは何を言っているのかというと、例えば、食事の前後で何かの匂いを嗅いでみると分かる。食後の方が嗅覚は鈍いはずだ。嗅覚と腹部の緊張弛緩には因果関係がある。要するに、食べ過ぎてお腹が張ると、鼻は詰まる。中間のロジックを加えると、お腹が張ると体幹が歪むので、鼻腔が圧迫されるというだけの話だ。そして、鼻詰まりの原因として、本当にこれが多い。ちょっと減食するのがお薦めです。

知能には遺伝の影響が決定的なので、頭が良くなるという効果には懐疑的だが、少なくとも、鼻の通りが良くなると頭が働く様にはなる。だから、学校でぼんやりしやすいお子さんが心配だという親御さんは、まずお子さんの鼻詰まりの有無を調べよう。

投稿者: hamadakantaro

浜田貫太郎。浜田整体院長。著書に『臨床家のための整体操法入門』たにぐち書店。共著に『息覚』幻冬舎ルネッサンス。寄稿に『安心』マキノ出版。『手技療法』たにぐち書店。