婚活

仕事をしていて、バブル世代にはフルコースでないと決して満足しないというか、得してやろうという鉄の意志をしばしば感じる。

対して、今の若い世代には損をしたくないという意識を強く感じる。選択の基準にそれぞれ癖があるので、品物の提示の仕方は異なって来る。

なぜ損を強く忌避するのかというと、それは端的にインターネットで価格を比較出来る様になったからだ。価格ドットコムなんてサイトもある。全てを横並びに俯瞰出来る様な気がする。

結局、インターネットで変わったのは人の時間感覚ではあるまいか。従来は縦の時間軸で流れていた時間を、横に拡がったものとして感じる様になっている。妙な喩えだが、回転寿司からビュッフェ方式に人の時間認識は変化している。

ところで、ビュッフェ方式だと選択の幅が広過ぎて、物事を決められなくなる場合がある。例えば、大手の婚活サイトが難しいのはそこで、成婚には回転寿司的な反射神経が要る。多分。

投稿者: hamadakantaro

浜田貫太郎。浜田整体院長。著書に『臨床家のための整体操法入門』たにぐち書店。共著に『息覚』幻冬舎ルネッサンス。寄稿に『安心』マキノ出版。『手技療法』たにぐち書店。