スタイル

ご高齢の方の膝のトラブル。膝が伸びなくなっているので、床に仰向けになると膝が浮いている。

症状の度合が強くて難しいご相談だったのだが、大分、改善したので良かった。膝裏に大きなシコリがあり、こんなの良くなるのかという状態だったのだが、足の指先から細かく調整していくと硬結が小さくなった。足の甲の指骨間が狭くなっていたので、拡げる為の調整を行った。

また、これは別の方だが、脊椎の圧迫骨折があり経過が良くない。体を調べるとお腹の弾力に乏しい。お腹を調整したら、蠕動運動が促進されるのか20分ほどお腹が鳴りっぱなしだった。術後、立姿になると腰が伸びていた。

どちらも以前だったら、改善が難しい案件だったはずだ。以前は施術方法にまだ固着性が強かったが、近頃は施術方法の選択に柔軟性が出て来た様な気がする。調理に喩えると、嗜好としては中華包丁一本で何でも作るという風にやりたいのだが、実際には日本料理式に包丁を何種類も並べて使う様なスタイルに落ち着きつつある。

投稿者: hamadakantaro

浜田貫太郎。浜田整体院長。著書に『臨床家のための整体操法入門』たにぐち書店。共著に『息覚』幻冬舎ルネッサンス。寄稿に『安心』マキノ出版。『手技療法』たにぐち書店。