工夫

最近、木刀を振っていて、横に振る際にも軌道を縦気味にしないと威力が乗らない事がよく分かった。これは重力の絡みだろう。この辺りは真剣で試し斬りをしたら、体感しやすいのかもしれない。機会があれば逃さない事にしたい。

素手でも検証してみたら、そうだった。空手型のセイサンの鉄槌部分が苦手だったのだが、軌道を縦気味にすると威力が乗りやすい。

武術はアマチュアなので、面子は掛からないところが自分には好ましい。上達を純粋に楽しめば良いのだ。

その点、整体は仕事なので不純だ。生徒が眩しく見える事がある。

近頃、工夫しているのは、整圧の抜き方だ。抜く距離を短くすると速度が出る。従来のやり方よりもずっと軽く抜くのだが、その方が威力は出る。オノマトペで言うと、ポンからポッになった様な圧縮感がある。矯体操法を含めて、技術を再検討したい。

投稿者: hamadakantaro

浜田貫太郎。浜田整体院長。著書に『臨床家のための整体操法入門』たにぐち書店。共著に『息覚』幻冬舎ルネッサンス。寄稿に『安心』マキノ出版。『手技療法』たにぐち書店。