夢診断

今朝の夢の話。祖母の家にいる。漫画喫茶みたいに棚が並んでいて、棚には本とゲームソフトが収まっている。タイトルは『ウィザードリィ』だったりした。箱のサイズ的にはパソコンソフトに見える。なぜか棄ててあると思っていて、そのうちの一つを手に取った。監視カメラがあり、居心地が悪い。

場面変わって、新宿にある喫茶店の入居しているビル。エレベーターで降りると、また祖母の家。室内は広くて、パーティ会場になっている。会話する男女を横目にそそくさと出て来た。

目が覚めたら、祖母が亡くなっていた。妹から電話があった。寝たきりだったので急逝ではないが、唐突ではあった。正直、何年も前から本人は曖昧になっていたので、悲しくはない。別れはとうに済ませた様なつもりでいる。今は金沢行きの新幹線の車中だが、お疲れ様でしたと挨拶だけ済ませて来て、水曜には東京に戻る予定だ。

さて、第六感はないのだが、正夢をたまに見る。蛇の群れを頭から被った日にトラウマ物のトラブルに見舞われたり、歯が抜ける夢を見た日に離別があった。残念ながら、その手の夢に良い内容は少ない。

夢の解釈には夢診断のサイトを利用している。結構、興味深いので、印象深い夢を見た際には利用をお薦めする。

投稿者: hamadakantaro

浜田貫太郎。浜田整体院長。著書に『臨床家のための整体操法入門』たにぐち書店。共著に『息覚』幻冬舎ルネッサンス。寄稿に『安心』マキノ出版。『手技療法』たにぐち書店。