猪八戒のきもち

子どもの頃、スイミングクラブに通っていた頃の話。

送迎バスの車中、運転手のフナコシさんの隣に座って雑談をしていた。何かの話の流れで、自転車にモーターを付けたら良いんじゃないかという話をしたら、彼にバイクがもうあるじゃないかと言われて、それはそうかと納得した事を覚えている。

しかし、後に電動自転車が登場して、やられたと思った。

ところで、スカルプケアのお店が大人気である。51万人の予約待ちだそうな。現代人はとにかく神経が疲れている。実際に頭皮が凝るので、そこをほぐす事には他の場所にはない心地よさがある。

猪八戒のきもちコースでも作ろうか。メディア騒然、5人待ち。

秋にはなんとなくメランコリックになる人が多いけれど、ダウナーになりやすい。神経的な調整を行うと良い時期だ。整体では頭の穴追いといって、頭皮の弛緩部位を押さえる調整を行う。

穴と言っているが、押さえると溝みたいになるので、溝追いの方が実態に近い。神経的な疲労の強い方は、蜂の巣みたいに頭皮に溝が出来る。これを調整すると、スッキリさっぱりだ。自分ではもう随分と受けていない事にも気がついた。

投稿者: hamadakantaro

浜田貫太郎。浜田整体院長。著書に『臨床家のための整体操法入門』たにぐち書店。共著に『息覚』幻冬舎ルネッサンス。寄稿に『安心』マキノ出版。『手技療法』たにぐち書店。