プラシーボ効果

ネットで見て、大笑いした。

しかし、実際に水の味くらいはすぐに変わる。ありがとうで変わるのかは知らないが、例えば、そもそも茶道はそういうものではないのか。同じお茶でも出し方一つで味は変わる。

お湯の温度や器を温めてなどの道具の使い方については、大前提であって問題にはしていない。お茶の心なども分からない。そうではなくて、お茶を出す人の所作の違いで味は変わるところにフォーカスしたい。

体の使い方の訓練として、人に整体を教える時にたまにやるのだが、綺麗な所作で出された水を飲むと、その水をなぜか甘く感じるのだ。当然、プラシーボ効果なのだが、人の味覚はそれを歴然とした違いとして感じるので興味深い。飲食店勤務の人は知らないと損だ。結晶が立つのかは知らないが。

投稿者: hamadakantaro

浜田貫太郎。浜田整体院長。著書に『臨床家のための整体操法入門』たにぐち書店。共著に『息覚』幻冬舎ルネッサンス。寄稿に『安心』マキノ出版。『手技療法』たにぐち書店。