鼻づまり

この数日、蚊が沢山出ていて参った。多い時は一日に20匹くらい出た。

蚊帳でも買おうかと楽天を見ていたのだが、室内に設置する事を想像すると煩わしい。

原因を再検討して、部屋の換気をした。そうしたら、急に蚊が出なくなった。誠に遺憾ながら、どうやら臭かったらしい。空気の溜まりやすい部屋なのだ。

ところで、鼻づまりになって匂いを感じないというご相談は多い。

簡単な調整は手の小指の根元をしごく事だ。サイドをしごく。その前後で鼻から息を吸ってみたら、その効果が分かるはずだ。鼻から息が吸いやすくなる。

臨時には、足のふくらはぎの中央部をもう片方の足の親指で押しても良い。継続的に効果を出す為には、そこの筋肉をほぐして柔らかくする必要がある。

根本的には、鼻づまりの背後には過食とリンパの詰まりがある。その場合、お腹が張る。そんなにややこしい話でもなくて、お腹いっぱいに食べたら鼻の通りはすぐに悪くなるはずだ。過食でお腹が張ると体を左右に倒した時に片側だけやりにくくなるので、 興味があったらやってみたら良い。体幹の伸びの悪い側は鼻が詰まる。

また、過食では体のやや右側にある肝臓が固くなりやすいので、その影響によって左鼻よりも右鼻のつまる人の方が多い傾向が見受けられる。酒を飲んだ翌日の鼻の通りはどうだろうか。

改善する為にはまず減食、手技的にはお腹の側面の皮膚を引っ張って柔らかくするのが効果的だ。

以上の観点から、鼻づまりで、鼻だけを調整の対象にするのは非常に効率の悪い方法だと言える。

投稿者: hamadakantaro

浜田貫太郎。浜田整体院長。著書に『臨床家のための整体操法入門』たにぐち書店。共著に『息覚』幻冬舎ルネッサンス。寄稿に『安心』マキノ出版。『手技療法』たにぐち書店。