酸素濃度

この10日ほど、FaceTime越しに新型肺炎で隔離病棟にいる方と話している。

色々と興味深い。整体では両脇の体温を測って、その温度差で体の偏りを見るのだが、ある日の夕方、右が36度で左が39度という事があった。見たら、呼吸の際に右肺が動いていないので、それを動く様にして、3分くらい後に測り直したら、両脇ともに38度に落ち着いていた。

また、指に酸素濃度を見る計器をつけているのだが、93%くらいで咳込み出す様だ。95%くらいを維持しておくと、咳が減る様に見える。90%くらいで人工呼吸器の出番だそうだ。

全体的には、息を吐けないのが特徴。吐けないうちは酸素濃度が93%くらいだが、吐ける様になると95、6%くらいにはなる。

あまり食べない方が良い様だ。胃が張ると、見るからに咳込みが激しくなる。新型肺炎には味覚障害の症状が出るが、味を感じないという事は食べない方が良いという事だと考えても良いかもしれない。

投稿者: hamadakantaro

浜田貫太郎。浜田整体院長。著書に『臨床家のための整体操法入門』たにぐち書店。共著に『息覚』幻冬舎ルネッサンス。寄稿に『安心』マキノ出版。『手技療法』たにぐち書店。